NEXT HORIZON・Shu Land Annexフォトギャラリーブログ・オダギ秀の眼差しとモノローグ。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
不揃いの。 23:56




親しい人が逝った。
午後、田舎の古刹を訪ねたら、境内には、たくさんの銀杏が落ちていた。
中にブロックのようなコンクリート塊があって、上に,小さな不揃いの林檎たちが並んでいた。
誰が何のために? などと考え込んでしまったが、ただ置きたかった人がいたんだね、と思ったら、妙にスッキリした。
| Diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
見開いて。 23:56




浜の港の床に、海から水揚げされた奴らが横たわっていた。
眼を見開いて睨んでいるのは、自分たちを貪食する世界を、最後まで見据えていたかったのかも知れない。
自分たちが食われようとしているのに、気付いていない世界もあるのに。
| Diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
囚われて。 23:52




集落のはずれに、小さなお堂があって、扉の中を覗くと、たくさんの鶴が囚われていた。
丹念に折られた夥しい数の願いが、じっと息を潜めて、叶うのを待っているようだった。
どこからか、歌うような子どもの泣き声。
| Diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
休息、それとも旅立ち。 23:54




家を出ようとしたら、玄関脇のハス鉢の杭に、一羽の小さなキアゲハが留まっていた。
毎日の熱気のなかで、疲れてしまって休んでいるのか、それともこれから新しい世界に羽搏く準備なのか。
目先に見えた蛍光テープを、甘い蜜をくれる花と錯覚しただけかも知れない。
| Diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
メロディ。 23:55




ルパン3世が好きなボクは、5月から彼と同じ車に乗っている。
微妙なメンテが必要と言われ、紹介されたメンテナンス工場の親父さんに、オイル交換をしてもらった。
作業場の横で待っていると、隅に一本のギターが立てかけてある。FG-2000だ。フォークソングを唄ったりしていた若い頃、とてもボクらには手が出なかったYAMAHAの最高級手工モデルだ。どんなに憧れていたか。
無造作に置かれたその姿に、若い日のメロディが浮かんで消えた。
親父さんが「昔はよくやったんですよ」と、恥かしそうな顔を見せた。古くなった青春には、うっすらと埃が積もっている。
| Diary | comments(2) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
通りゃんせ。 23:54




日暮れの道を帰る。
子どもの頃は、日暮れになると、みんなで手をつないで、「♪通りゃんせ」なんて歌いながら帰ったことがよくあった。
そんなふうに、歌いながら歩いて帰ることがなくなって、随分経つんだなと、ふと、思った。
車のなかで、小さな声で、歌ってみた。
| Diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
雨の朝。 23:56




雨降りは嫌いではないけれど、今日の降り方は、ボクの好みにはそぐわない。
止んでみたり、突然強く降ってみたりで、だが仕事に出掛けるには、あまりに気紛れなそれもいいかも。
気が進まない仕事の朝は、そのくらい邪魔が入ると、逆に頑張りたくなる。(ちょっと見栄を張って、嘘をついてみた)
| Diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
母のすがた。 23:55




山門の前に並べられた石碑の隙間を覗くと、赤子を抱いた慈母観音がおわした。
慈母観音は、おっぱいを出して赤子に乳を飲ませている姿が多いが、この観音は着物をきちんと纏っておられるから、観音像とはいえ、亡き奥様か赤子を残して逝かれた母の姿を模した像なのかも知れない。

いま、野仏の写真展「風の肖像」を開催しています。
長い歳月、様々な風に吹かれていた野仏と、対話しながら撮ってきたオダギ秀の写真展です。
面白さや華やかさはない写真展ですが、興味がおありの方は、お越しください。

オダギ 秀 写真展・野仏巡礼2019「風の肖像」
  2019.5.25(土)〜 6.9(日) 10:00〜16:30  休廊(月曜・金曜)
  会場 : ギャラリー梟(ふくろう)
     茨城県つくば市小田3066  電話 029-867-3287

| 石仏巡礼 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
野仏写真展「風の肖像」 23:56



今日から、野仏の写真展「風の肖像」を開催しています。
長い歳月、様々な風に吹かれていた野仏と、対話しながら撮ってきた写真展です。
面白さや華やかさはない写真展ですが、興味がおありの方は、お越しください。

オダギ 秀 写真展・野仏巡礼2019「風の肖像」
  2019.5.25(土)〜 6.9(日) 10:00〜16:30  休廊(月曜・金曜)
  会場 : ギャラリー梟(ふくろう)
     茨城県つくば市小田3066  電話 029-867-3287
| 石仏巡礼 | comments(4) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
通りすがりの。 23:54



通りすがりの、写真機を抱えただけのくたびれ男と自分を思っているボクに、野ざらしの石仏たちは、色々な話をしてくれた。わずか数百年でも、こうなるのさ、それが定めさ、などと、笑顔をむけられて元気をもらったりした。

今週の土曜25日から、野仏を巡礼した写真展「風の肖像」を開催します。
今回で4回目になる野仏写真展ですが、今回もまた、幾百年もの歳月、風に吹かれながら佇んでおられたであろう野仏と、沢山の言葉を交わしてまいりました。
無数の風が重なる野仏のお顔に、自分の来し方が重なります。
面白おかしい写真展ではありませんが、よろしかったらご覧ください。

オダギ 秀 写真展・野仏巡礼2019「風の肖像」
  2019.5.25(土)〜 6.9(日) 10:00〜16:30  休廊(月曜・金曜)
  会場 : ギャラリー梟(ふくろう)
     茨城県つくば市小田3066  電話 029-867-3287

| 石仏巡礼 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
| 1/357 | >>