NEXT HORIZON・Shu Land Annexフォトギャラリーブログ・オダギ秀の眼差しとモノローグ。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ギンナン。 23:58




学生時代の友人が、今年もギンナンを送ってくれた。浅草界隈を散歩しながら採った実だ。
彼が、一粒一粒拾い集め、一粒一粒仕上げてくれたと思うと、嬉しさと美味しさで、ついウルっとしてしまう。
ギンナンの実は、ちゃんと処理するのは結構手間がかかる。今夜は、彼の気持ちに感謝しながら、珈琲に添えさせてもらおう。
  ※紙封筒に入れ、レンジでチンがいい。熱いうちなら、皮も剥きやすい。
| Diary | comments(1) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
重き荷を。 02:50




今夜は、みゆきさんを聴きながら仕事している。
自分を呼びながら、呼びながら。

中島みゆき / 重き荷を負いて
https://www.youtube.com/watch?v=6NnaVBXU1P4
中島みゆき / ファイト
https://www.youtube.com/watch?v=MhiW_svhD28
中島みゆき / 時代 Time goes around 2016
https://www.youtube.com/watch?v=JwDtGWha0EU
| Diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
メロディ2つ。 00:14




先週土曜から、写真の小さな個展を開いている。
たくさんの方々と様々な言葉を交わした今夜は、独り何かに浸りたい気分。
Adele の Hello のカメラに酔い、ヘンリク ゴルトシュミットのオーボエに時を遡る。

Adele / Hello
https://www.youtube.com/watch?v=YQHsXMglC9A&list=RDYQHsXMglC9A

Henrik Chaim Goldschmidt / Gabriel's Oboe - The Mission's Theme by Ennio Morricone
https://www.youtube.com/watch?v=2WJhax7Jmxs


オダギ 秀 写真展「旅の途中・2016」
  2016年11月3日(木・祝)まで 10:30〜18:00
  CafeGallery ロダン
    茨城県つくば市高野台3-15-35 Phone: 029-836-3311
| Diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
写真展のお知らせ。 01:22




オダギ秀写真展「旅の途中・2016」を開催します。

2016年10月29日(土)〜11月3日(木・祝) 10:30〜18:00
CafeGallery ロダン
 茨城県つくば市高野台3-15-35 Phone: 029-836-3311

 「旅の途中シリーズ」写真展は、12回目になりました。
 よろしかったら、ご来場ください。ボクは、会期中、可能な限り在廊しています。
| Diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
横顔。 23:54




狛犬の横顔が好きだ。
横顔を見ていると、脇目も振らず、真っしぐらに何かに向かっている気がする。
旧い庭園の隅に、目の上に落ちた枯葉も払わず、吠えている狛犬がいた。
少しは辺りも見ろよ、と声を掛けてはみたが、そんな声にも知らんぷりだ。
| Diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
旅の途中・2016 00:31



いつから雨宿りしていたのか、忘れてしまった。
旅の途中だからと、ほんのちょっと、
濡れるのを避けるつもりだった。
それなのに、いつからか判らないほど、
のんびりと、雨が上がるのを待ってしまった。
いつまでもグズグズしてはいられない。
さあ、また、次の地平への旅に出る。


オダギ秀写真展「旅の途中・2016」を開催します。
2016年10月29日(土)〜11月3日(木・祝) 10:30〜18:00
CafeGallery ロダン
 茨城県つくば市高野台3-15-35 Phone: 029-836-3311
●この「旅の途中シリーズ」は、12回目になりました。
 よろしかったら、ご来場ください。
 ボクは、会期中、可能な限り在廊します。
| Diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
祭のあと。 23:54




祭が済んだ翌日、山車の解体を見た。
空き地に並んだ沢山の木箱に、山車から外された装飾彫りが終われてゆく。
棺に収められ、一時、休みを執るように見える。
復活を待つように、遠くで今日も祭り囃子が聞こえる。
| Diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
美しい手。 23:55




隣県の秋の祭に行った。
雨に降られた時間帯もあったりして動きがままならず、少し疲れた。
そんな遅い午後、祭の喧噪に動ぜず、ひたすら自分の笛を奏でる手を見た。
思わず構えなおしたカメラに、纏わるような笛の音が心地好い。
| Diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
ひとくち。 23:54




今日は出張先で、馴染みの店の好きなオムライスを食べようと楽しみにしていたから、運ばれてくると、いきなり食らいついてしまった。
ひとくち、ふたくち食べてから、あ、今日食べたランチの写真撮ってない、と気が付いた。
ガッついたことがバレて恥ずかしいと言いながら、またオムライスの写真上げるのを、ちょっと楽しんでいる。
ほら、今日もオムライスだぞぉ。
| Diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
空色。 23:53




十五年くらいも昔になろうか。ボクは、通勤途中に通る小学校のフェンスに、空色の可愛い朝顔を見た。
ボクはその朝顔が気に入って、種が出来たらいただこうと思っていたら、ある日、突然、その朝顔が綺麗に片付けられてしまった。
ボクはフェンスの辺りを必死に探して、その種らしいものを見つけ、翌年、自宅の玄関横に蒔いた。そしたら期待通り、空色の小さな日本朝顔が咲いてくれた。
中に数輪、色違いもあったからそれを間引き続けると、四、五年後には、空色の朝顔だけが咲くようになった。
今は、種を蒔くことはしない。毎年、自分で芽を出し、咲いてくれている。
今朝も、小雨の中を数十輪咲いてくれた。今年はそろそろ終わりだろうか。
| Diary | comments(2) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
| 1/344 | >>