NEXT HORIZON・Shu Land Annexフォトギャラリーブログ・オダギ秀の眼差しとモノローグ。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
オダギ秀写真展「野仏紀行」 21:47




明日22日(日)から「野仏紀行」と題した写真展を開催します。
私たちの周辺には、少なくなったとは言え、多くの野仏、つまり石仏が祀られています。
路傍に野に山に、長い歳月佇んで来た石の仏像は、庶民の願いを受け止め、心を表現した、ごくごく身近な魂の拠り所であり、精神の象徴でした。おもに寺院に祀られている仏像とは、やや趣が異なる親しみやすさや素朴さがあって、理屈を云々出来ない魅力にあふれています。
それら野仏を、私はもう三十年ぐらいにはなりましょうか、折に触れ、撮り続けてきました。
出会ったその野仏たちは、機会があれば、外に出たがっているようにも感じておりました。
そんな折、ひょんなご縁で、その野仏の写真展を、つくば市小田のギャラリー梟(ふくろう)さんで開催させていただくことになりました。
たくさんの方々に、長い歳月野にあった石仏に、素朴な庶民の心を感じ、時空を超えた旅をして、しみじみとした時間を楽しんでいただきたいと思っています。
よろしかったらお越しください。

  ●オダギ秀写真展「野仏紀行」
    2016年5月22日(日)〜6月12日(日) 10:00〜16:30 月曜・金曜休廊
    ギャラリー梟(ふくろう) / つくば市小田3066 電話029-867-3287
  ●オダギ秀は、次の日には会場におります。
       5月/22(日)・24(火)・29(日)、6月/1(水)・5(日)・8(水)・12(日)
| 石仏巡礼 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
オダギ秀写真展「野仏紀行」 05:40




ボクの住む茨城には、数限りないほどの野仏、つまり石仏が祀られています。
路傍に野に山に、長い歳月佇んで来た石の仏像は、庶民の願いを受け止め、心を表現した、ごくごく身近な魂の拠り所であり、精神の象徴でした。
それら、いわゆる野仏(石仏)を、ボクは長年、撮り続けてきました。
その出会ってきた野仏の写真展を、「野仏紀行」として、次のように開催いたします。
会場は、先月整備なったつくば市小田城跡と、最近癒される低登山ハイキングコースとして人気の宝篋山(ほうきょうざん・小田山)との間の、土蔵をお洒落に再生させたギャラリーです。
長い歳月、野にあった石仏に、素朴な庶民の心を感じ、しみじみとした時間を楽しんでいただけるものと思っています。ご来場ください。

  ●オダギ秀写真展「野仏紀行」
    2016年5月22日(日)〜6月12日(日) 10:00--16:30 月曜・金曜休廊
    ギャラリー梟(ふくろう) / つくば市小田3066 電話029-867-3287
  ●オダギ秀は、次の日には会場におります。
       5月/22(日)・24(火)・29(日)、6月/1(水)・5(日)・8(水)・12(日)

  ●オダギ 秀(しゅう)
    写真家。茨城県土浦市在住。
    専門は広告写真、エディトリアル。
    日本写真家協会・日本広告写真家協会 会員
| 石仏巡礼 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
オダギ秀写真展「野仏紀行」 06:08




野ざらしの小さな石の仏さまたちと、折に触れ、もう随分長いこと、様々な会話をしてきました。
その時々に撮らせていただいた写真を見ていただこうと、オダギ秀写真展「野仏紀行」を開催いたします。ご来場いただければ幸いです。(会場は、125号線の小田十字路近くです)
  ●オダギ秀写真展「野仏紀行」
    2016年5月22日(日)〜6月12日(日) 10:00--16:30 月曜・金曜休廊
    ギャラリー梟(ふくろう) / つくば市小田3066 電話029-867-3287
    オダギ秀は、次の日には会場におります。
       5月/22(日)・24(火)・29(日)、6月/1(水)・5(日)・8(水)・12(日)
| 石仏巡礼 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
母親。 23:55




カメラを担いで郊外に出たら、はためく鯉のぼりを見つけて嬉しくなった午後。
おっかさんのような、堂々と、自信に満ちた子育てをしておられるような観音さまに会った。
| 石仏巡礼 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
珈琲ブレイク。 23:55




日曜なのに雑件山積で、駆けずり回っている。
いつものお茶の時間はとうに過ぎたから、馴染みのカフェに寄り、珈琲にした。
テラス席で、出掛けにアマゾンから届いた、ミステリ本の封を切る。
数ページ読んだだけで、ふんふん、世間の不評は当たってないない、などと頷いてみるが、気持ちはこれからの予定に向いたままで、本にも珈琲にも上の空だ。
| Diary | comments(2) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
扇風機。 23:53




何十年ぶりかで、都電に乗った。
大きなガラス窓が付いたり、カラフルなボディカラーになったり、あまりにお洒落な車体になっているのに驚いた。昔、通学に毎日乗っていた都電とは、まったく違っていた。
驚きながら、荒川車庫に行ってみた。すると、あの黄色い路面電車が展示保存されていた。
懐かしくて嬉しくて、しばらくシートに座って時を過ごした。天井には扇風機。……はて、昔も付いていたかなあ。
| Diary | comments(2) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
チンドン。 19:52




飲食ビルの地下で休憩していたら、突然、賑やかな音楽が響いて来た。
何十年振りに見るだろう、なんと、チンドンさんが来た。
今風なメロディと若い姉ちゃんたちのバンドに、ボクは嬉しくて、楽しくて、ワクワクわくわく。
でもなあ、ボクは叔父さんだから人目が気になって、……スキップはしない。
| Diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
人並みに。 23:52




慌ただしくて、桜を見ていない。
みんなで見に行くと言われても、断ってしまった。
これじゃいけないと思って人並みにお花見しようと、近所のファミレスの駐車場の隅を、無理矢理眺めた。
花びらが、ToDoリストのポストイットのように見えてくる。
| Diary | comments(2) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
口紅。 23:54




口紅をつけた地蔵さまに会った。
口紅をつけて祈ると願いが叶うと言う地蔵さまは出雲におわすが、この地蔵さまも、どうしても叶えたいことを誰かに願われたのだろうか。
ボクだって、そんな願いがないわけではないが、あいにく、ボクは口紅を持ってはいない。
少し冷たい浜風に、肩をすぼめて掌を合わせるだけだ。
| 石仏巡礼 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
山道。 23:53




山道を、ほんのちょっと登っただけで、もう脚が痛くなった。最近の怠け癖が、率直に出て来た感じだ。
傍らの藪を見ると、青面金剛さんが、叱るようにこちらを見ている。身体の中にいるという、老いさせ、五臓六腑をダメにし、生命を悩ます三匹の虫を除くご本尊さまだ。
慌てて掌を合わせるが、そんな行き当たりばったりの態度がよくない。それは判っているのだが。
| 石仏巡礼 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
| 1/340 | >>