NEXT HORIZON・Shu Land Annexフォトギャラリーブログ・オダギ秀の眼差しとモノローグ。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
双体道祖神。 23:55



カップルの道祖神に会った。
何か護ってもらおうかと思ったが、ボクより深刻な表情をしているようなので止めた。
神様にも心配事があるのだろうか。
まだマスクは来ませんか? 生活は大丈夫ですか?
呑気そうにガビチョウが鳴き出した。
| 石仏巡礼 | comments(0) | - | posted by オダギ 秀 - -
馬頭さん。 23:54




参道を覆う木立の薮の目立たぬところに、馬頭観音さんがおった。
馬頭さんは忿怒相が普通だけれど、棍棒を振り上げてはいるが、この馬頭さんの顔は穏やかだ。一緒に働いた愛馬の、供養に建立したのかも知れない。ただ、供養のために。
もうすぐ梅雨になる。
| 石仏巡礼 | comments(0) | - | posted by オダギ 秀 - -
薮蚊。 23:54




ナタのようなもので襲いかかられたのであろうか、顔をザックリと切り割られた聖観音さまがおわした。
貞享四年の銘が見えるから、明治に入っての瑕かも知れない。政策に翻弄された人間が、これ見よがしに襲ったのだろうか。「人間の世界は厳しいですね」と、のんのさんに笑われた気がした。
さっきから、ボクの顔の周りでは薮蚊が遊んでいる。
| 石仏巡礼 | comments(0) | - | posted by オダギ 秀 - -
施無畏(せむい)。 05:14



若い頃、施無畏庵M医院のM先生が好きで、掛かり付けしていただいていた。
施無畏の意味を訊ねたら、怖がらなくていいってことだよ、と仰った。
それほど流行らないクリニックで、ボクが伺うとM先生は、いつもクラシックを聴いていた。
「先生、××が悪いのでしょうか」とボクが尋ねると、どんな時も大抵は「うん、そうかもなあ」と答えた。調剤してもらった記憶がない。
M先生は、それほど歳おわずに亡くなられた。「先生、先生は亡くなられたんですよ」と言えば、「うん、そうかもなあ」と答えられた気がする。
M先生を何故思い出したかと言うと、金剛幢地蔵さんらしい地蔵さんを見かけたからだ。流れてよく判らぬが、左手に持っているのは金剛幢みたいだ。とするとこれは金剛幢地蔵さんで、見えない右手は施無畏印に違いない、と思った。
それなら、「地蔵さん、あなたは金剛幢地蔵さんですか?」と尋ねれば「うん、そうかもなあ」と答える気がした。
| 石仏巡礼 | comments(0) | - | posted by オダギ 秀 - -
堂々と。 03:41



以前、堂々と我が道を歩く地蔵さんにお会いしたことがある。
ふと思い出して、撮影させていただいた姿を取り出した。
六地蔵を表す錫杖を持っているから、あらゆる苦難を自分が背負うぞ、と決意しているようだ。
いま思えば、ジェリベリーなんか口に入れながら撮影していたボクは、甘ちゃんだなあ。
| 石仏巡礼 | comments(0) | - | posted by オダギ 秀 - -
クォ・ヴァディス。 23:55



どちらに行かれるのですか? と声を掛けなければ、
何処かに行ってしまいそうな地蔵菩薩にお会いした。
私が行かなければ、と言っているのだろうか。
| 石仏巡礼 | comments(0) | - | posted by オダギ 秀 - -
我慢。 23:56




質素な身なりの聖観音さんに会った。
銘に貞享三年とあるから、江戸初期、江戸に大火があったり生類憐れみの令や美服禁止令が出され大凶作になった時代からの、みほとけ様だ。
その時代も、今のように、何かと辛い時代だったのでしょうね。今の我慢も見ていてください。
おや? どこかで農作業する声が聞こえてきますよ。
| 石仏巡礼 | comments(0) | - | posted by オダギ 秀 - -
しゃくじょう(錫杖) 23:53




小径はずれの薮陰に、地蔵さんがおわした。
姿は消えて、持たれていた錫杖だけが残っている。
錫杖ひとつで六地蔵尊をあらわすそうだから、これだけで今の世を救ってくれるのかも知れない。
合掌したが、それにしても、地蔵さんは、どちらに行かれたか?
| 石仏巡礼 | comments(0) | - | posted by オダギ 秀 - -
野の、のんのさん。 00:46



こちらの如意輪観音さまには、時折、お会いしたくなる。
この前お会いしたのは枝垂れ桜の頃でしたから、もう一年が過ぎたのですね。
ボクは、近くの薮の小さな野の花を膝元に供え、合掌した。
さて。
毎年5月から6月に、野の、のんのさんの写真展を開催してまいりましたが、今年は、延期せざるをえなくなりました。お待ちくださっておられました皆さまには、大変申し訳なく、心からお詫びいたします。
開催できるようになりましたら、あらためてお知らせいたします。
| 石仏巡礼 | comments(0) | - | posted by オダギ 秀 - -
石工の気持ち。 23:54




幾百年のむかし、石の中から、菩薩さんを彫り出した石工の気持ちをつい思ってしまう。
鑿跡からは、ひとの悲しみや苦しみにつけ込んで儲けてやろうなんて気は、微塵もなかったように見える。
合掌している石のみほとけと、同じ気持ちなのだろう。
嘘をつき、ごまかし、ひとの弱みに付け入る今の世の中を知ったら、何と思うのだろうか。
坂の途中の木立のなかに薬師堂があって、裏に廻ると、小さな地蔵さまが隠れるようにしておった。日も射さぬ。
| 石仏巡礼 | comments(0) | - | posted by オダギ 秀 - -
| 1/19 | >>