NEXT HORIZON・Shu Land Annexフォトギャラリーブログ・オダギ秀の眼差しとモノローグ。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
葉陰。 23:55




覗くと、菩薩が、何やら考えておられた。
そこでは春の風も入らないのではありませんか? と問うと、
それが定めです、と答えられたような気がした。
苦しくはないのですか? と問うと、
時には春の風が吹きましたから、と答えられた気がした。
| 石仏巡礼 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
帽子。 23:54




観音堂の横に、暖かそうな帽子を被った水子地蔵さんがおった。
時折、まだ春になりきらぬ風が、風車を回して行く。
| 石仏巡礼 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
ビスケット。 23:53




坂道の途中の薮を上ると、勢至菩薩がおった。
元禄十四年の刻銘があるから、三百年ほども佇んでおられたか。
石苔も綺麗に落とされて、枯れてはいるが花を飾った跡がある。
今なお、お世話されておられる方がいるのだろう。
ボクも何かお供えしようと思ってポケットを探る。
今日はビスケットしか持っていないや。
| 石仏巡礼 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
妙行寺にて。 23:55



稲敷郡河内町の新利根川近くに、妙行寺という静かな古刹がある。
そこで、林の陰の観音菩薩に会った。
傍らには、文化14年(1817)、凶作に喘ぐ農民に課せられた年貢の重さを訴え出て獄死した、三義人の供養塔がある。この供養は、今なお続けられているという。
三百年の間、菩薩は何を思っておられたか、耳を傾けたが、笛のような風音しか聞こえない。
| 石仏巡礼 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
村境。 23:55




土手の下の雑草の中に、三体の菩薩がおられるのに気がついて、下りてみた。
新しい大きな道路に遮られた小道沿いに、勢至菩薩、慈母観音、それとお顔も身体も崩れて何か判らぬ石仏が、ひっそりと並んでおわした。
近くには、道祖神などもあるから、ここは嘗ては街道沿いの村境であったのかも知れない。
文化とか寛政と微かに読める刻銘があって、二百年ほどもこうしておられたのかと思う。
今日の風は、心地好い風ですか?
| 石仏巡礼 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
間引き。 23:54



県南の田園の中の勢至堂を訪ねると、堂脇に小さな子安観音像がおわした。
寛政四年(1792)十月の銘があるから、二百三十年近くも、幼な子を抱き続けていることになる。
近くには、柳田國男記念公苑がある。遠野物語の柳田は、貧しかったその村の寺の絵馬に描かれた、産んだばかりの我が子の命を奪っている母親の姿に、終生忘れられない衝撃を受けた、と語っている。
この地に育った柳田は、この子安観音の母のような姿を、どのような思いで眺めたのであろうか。
子安観音の周囲は、いま、遊園地になっていて、子どもたちの遊具がいくつも作られている。
| 石仏巡礼 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
仲良し。 23:55




通り慣れない裏街道を行くと、仲の好い道祖神がおった。
車を停めてシャッターを切るほんの数分間なのに、ドッと汗が吹き出た。
「いやぁ暑いですなあ、辛いですなあ」
と声を掛けたが、そうですか、なんて顔で、二人とも興味なさそうにしている。
| 石仏巡礼 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
樹の下。 23:55



「今日は、セミが鳴いているのか耳鳴りがしているのか、わからなくなってしまいました」
と本堂の裏の地蔵さまに、申し上げようとしましたが、止めた。
どうせ答えは決まってる。「どちらでもいいですよ」と。
| 石仏巡礼 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
ありがとうございました。 23:55



ボクの写真展「遥かなる野仏」にご来廊くださいました皆さま、本当にありがとうございました。
おかげさまで、無事終了いたしました。
皆さまと交わさせていただいた言葉と時間は、とても貴重なものでした。
閉廊した後に、数百年の時を経た野仏たちを見回すと、歳月はまたたく間に過ぎるものだね、と言われた気がいたしました。自分が過ごした時間の、あまりのささやかさに、身が竦む思いがいたしました。
それでもまた、歩き続けようと思います。これからもお付き合いいただけますよう、お願いします。
                                        オダギ 秀
| 石仏巡礼 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
遥かなる野仏 写真展 23:55



ボクの写真展「遥かなる野仏」を開催しています。
遥かな時を越えて降りて来たような野仏の写真展です。
ボクにそうであったように、あなたにも野の仏が、何か語りかけてくれるかも知れません。
興味がございましたら、ご来場ください。

  オダギ秀写真展「遥かなる野仏」
   時 2018年5月19日(土)〜 6月3日(日)
     午前10時〜午後4時30分 金曜・月曜 休廊。
   会場 ギャラリー梟(フクロウ)
      つくば市小田3066 TEL 029-867-3287
 
| 石仏巡礼 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
| 1/16 | >>