NEXT HORIZON・Shu Land Annexフォトギャラリーブログ・オダギ秀の眼差しとモノローグ。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
また火の見。 23:54




今日は休日だったから、石仏など撮りたくて、普段行かない田舎道を深く入ってみた。
すると、まず現れたのは、石仏ならぬ火の見櫓。集落の外れに立っておった。暇そうにしている。
風は冷たいと思ったが、傍の農家の梅は、もう、四、五輪も咲いている。
| Diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
雪は、まだ。 23:54




今夜は雪になるらしい。冷たい雨が雪に替わる前に、早めに仕事を切り上げた。
まったく関係はないのだが、何故か朝から、少年探偵団の歌が、何度も頭を過っている。
  ♫勇気リンリン瑠璃の色、望みに燃える呼び声は、朝焼け空にこだまする〜♫
  ♫ボ、ボ、ボクらは少年探偵団♫
      https://www.youtube.com/watch?v=PeEkNM06nvw

※思い立ってYouTubeしてみたら、ボクの記憶の中の、ラジオでのテーマ曲は、どうしても見つかりませんでした。歌は、その通りなんだけど、こんな軍歌みたいんと違う、伴奏が違うんや、な、明智クン。

| Diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
火の見櫓。 14:37




そりゃそうだろう、と思った。
ボクは、火の見櫓というものに妙に惹かれるものだから、通りかかった序でに、ネットで調べてみた。
「火の見櫓の販売」とか「火の見櫓の製造」とか。だが、そんなことしてるところは、まず、ないらしい。
もうだいぶ昔の話。アマチュア無線のアンテナタワーの大手メーカーが、インターネットの普及で下火になったので火の見櫓を作り販売していると聞いて、なるほどと感心したり気の毒だと思ったりしたことがあった。
ボクは、いい姿だなあと思うけど、やっぱり、今となっては、無用の長物と言うのかなあ。
| Diary | comments(3) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
人間なんて。 23:54




ふと見上げた樹に惹かれた。
お前も、自分の隅々にまで気を回せていないんじゃないか、と思った。
そんなにどこまでも気を回すなんて、無理なんだよなあ。
適当でいいさ、大体のところでいいさ。複雑なんだから、人間なんて ラララ ラララ ラ〜ラ。
そう思おうとしているのに、ボクのどこかからは、それじゃ不満なんじゃないかなあ、なんて声も聞こえる。
   人間なんて / 吉田拓郎    https://www.youtube.com/watch?v=AbTej5Ik3iI


追記
じつは、今のみなさんは、詞もわからないだろうなと思いましたので、拓郎クンの判るのをyoutubeしましたが、ボクが聞いてて見てて、涙が止まらなくなってしまうのは、こちらなんです。
   https://www.youtube.com/watch?v=pIoadqiirik
| Diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
名残り。 23:55




ふと見上げた窓には、まだ今年の名残りがあった。
間もなく外すのだろうが、時の流れを惜しむ気がして、厭ではない。
二、三日前だろうが何十年も前だろうが、最近は、過ぎた時がたまらなく愛おしい。
| Diary | comments(2) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
芽バス。 23:54




風邪気味で寝込んでいたら、ハス農家している写真の友だちが、穫れたての芽バスをどっさり届けてくれた。ボクの芽バス好きを覚えていてくれたのだ。
ハスの第一節を芽バスと言うが、ハスの大産地のこちらでも、芽バスは思うようには手に入らない。柔らかく生でも食べられ栄養価が高い。サラダなどにもってこいだ。いい年の暮れになりそうだと、元気が出た。
| Diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
背中。 23:53




いくつもの背中が腰を下ろしている。古い町を撮りに来た写真グループらしい。
背中が、何か話しているように思える。
もう少し、休んでいてもいいんじゃないか、とか。
やっとここまで来たんだ、そろそろ行った方がいいさ、とか。
目標なんてあったっけ、どちらに行けばいいのかな。どこから来たのかな、とか。
今だよ、いま。今、何をしようか。どこへ行こうか。地図なんてなかったし、これからもないさ、とか。
たいしたものを背負って来たんじゃないが、軽いとも思えない、とか。
みんな、旅の途中なんだね。
| Diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
鳥居。 23:53




街の隅。おや、こんなところにお稲荷さんがあるのかな、と覗いてみると、壊れかけた鳥居と小さな社があった。
守ってくださいと願うより、こちらが守ってやりたくなるようなお稲荷さん。こんにちは。
| Diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
のぼり。 23:54




小貝川にかかる大きな堰を見に行こうと走っていたら、川辺りの神社で、いかにも古色たっぷりの大きな幟を倒そうとしていた。250年以上も前から行われて来た、川の氾濫を防ぐための水神祭が終わるところだった。
幟を支える、自然を畏れ敬った男たちに、つい、お疲れさんでした、と声を掛けてしまった。
| Diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
絶望。 17:07




久し振りに、仕事場の倉庫にしている部屋に入った。
壁面がガラス張りの部屋の床に、雀が一羽、死んでいた。
窓や扉は閉じられているから、換気口かどこからか紛れ込んで出られなくなり、
ガラスの壁に向かって突進続け、力尽きて、亡くなったのだろう。
見える青空に向かって羽ばたいても、どうしても外に出られず、
絶望しながら床に落ちた雀の気持ちが、離れない。
| Diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
| 1/304 | >>