NEXT HORIZON・Shu Land Annexフォトギャラリーブログ・オダギ秀の眼差しとモノローグ。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
岩のような天狗。 04:52



天狗が棲んだという愛宕山の話を続けたい。
山頂に登ると、古木に囲まれて、十三天狗の小さな石の祠がある。
その傍らで、ボクは、牛のようにうずくまる、岩のような天狗に会った。
「やあ」と挨拶されたような気がしたから、ボクは「はい」と返事をする。
秋深まる山中は、枯葉が音立てて騒いでいる、ざわざわ、ざわざわ。

                         「仙境異聞」から                      
| 写真展「仙境異聞」から | comments(5) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
Comment








Many thanks for creating the effort to discuss this, I feel strongly about this and like learning a great deal more on this subject. If feasible, as you gain expertise, would you mind updating your weblog with a great deal more info? It’s really helpful for me.
posted by insoles height | 2013/08/19 7:26 AM |
amapolaさん、そうです、まぎれもなく、天狗くんです(笑)。
信じてください。soukichiさんも(笑)。
このポートレート撮るには、地べたに這いつくばったりして、結構苦労してるんですから(笑)。
最近、腹が出て、苦しいなあなんて思いながら撮ってるんですよ。

posted by 秀 | 2005/11/19 5:57 PM |
どうしても「エレファント・マン」(映画の)を想像してしまう
あの布をかぶった悲しい青年の話・・・

見たくないのにまた見てしまう
この盛り上がった明るい部分に異様な気配が
石に中からか
地底の深いところからか
何か、外に出たがってる力が有るような
やっぱり・・・天狗くんなのかなぁ〜

posted by amapola | 2005/11/18 3:34 PM |
soukichiさん、天狗さんに見えなければ、それはそれで、心安らかでいられますからいいんです(笑)。
見えちゃうから、「あ、天狗さま!」って、ちょっと怖くなるんですよ(笑)。
想像してください、暗闇にこれが浮かんできたら、…ほら、怖いでしょう?(笑)。
あ、念のためですが、愛宕山の天狗さんは、悪さをするわけではありませんから。色々なことを教えてくれる天狗さんです(笑)。
posted by 秀 | 2005/11/17 12:32 AM |
えっ、これ天狗なの?
天狗に見えないなあ・・・ って、しばらく見てたら見えないこともないけど、見えたら見えたで、ちょっと恐いでしょ、このお顔は。
posted by soukichi | 2005/11/16 5:39 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>