NEXT HORIZON・Shu Land Annexフォトギャラリーブログ・オダギ秀の眼差しとモノローグ。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
白い闇が晴れて。 05:18



天狗の棲んだ山で、黒い闇が明けると、白い闇に包まれていることがある。
夢のつづきを見ているような気分になるのだが、やがてそれも晴れていくと、古木の間のひんやりした冷気がカメラを濡らす。
その頃になると、麓から登ってくる人が何人かはいて、次々に挨拶を交わす。
挨拶を交わすのはすごく人間的な行為なのだろう、ボクは、急速に、仙境から日常に連れ戻されるのだ。撮影はあと何分で切り上げてとか、今日のスケジュールはとか、頭の中は色々な思いが交錯し始めて、天狗の呪縛は、うわの空の彼方に解けていく。

                           「仙境異聞」から
| 写真展「仙境異聞」から | comments(2) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
Comment








すみれさん、
あなたが、このページに辿り着いてくださったことを、とても嬉しく思います。
怖いですよ。ここは、怖くて、愛おしい世界なのです。

先年、ボクは、「仙境異聞」と言う写真展をしました。
じつは、このテーマは今も続いていて、さらに発展させたものとしてまとめるつもりでいます。
この「仙境異聞」については、このブログでも、ちょっと語りました。
2005年11月14日「天狗の山の夜明け」のページです。
できれば、そのページのコメントと、続きを読む、まで読んでいただけたらと思います。
posted by 秀 | 2009/09/27 10:46 PM |
うわぁ・・・

『黒い闇が明けると、白い闇に包まれていることがある』
この一文に凄く反応して、鳥肌が立ちました!

そんな事って実際にあるんですね。

黒にしても、白にしても、
やっぱり闇って怖い。

色んな事を想像してしまいましたょ・・・。

秀さん、
そんな所に身を置いて、
怖くはないですか?
posted by すみれ | 2009/09/27 8:53 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blg.pm5.jp/trackback/202903
<< NEW | TOP | OLD>>