NEXT HORIZON・Shu Land Annexフォトギャラリーブログ・オダギ秀の眼差しとモノローグ。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
蜂の巣。 08:09



何という名の蜂なのかは知らないが、木の枝に、蜂が巣を作っていた。
見つけた瞬間に飛び立った当家の主は、姿を確認する間もなかった。
戻ってくるかとしばし待ったが、留守の巣は、何時までもそんな気配もない。
家具調度を持っていない棲家なら、どこで寝起きしてもいいだろうになどと思いながら、築かれたささやかなマイホームを観察する。雨、入りませんか。ここなら、地震には強そうですね。
| Diary | comments(2) | trackbacks(1) | posted by オダギ 秀 - -
Comment








N生様、いつも、素晴らしい博学に、驚きます。よくご存知ですねえ。ありがとうございます。
なるほど、そうだったのですか。産卵場所があったとは、まったく知りませんでした。
それにしても、生命の不思議というか、自然界の営みというものは、想像を遙かに超えていて、興味が尽きませんね。
posted by 秀 | 2006/09/28 5:46 AM |
観察眼の鋭さに驚きました。よくこんな蜂の巣を見つけましたね。巣の大きさは1センチ未満?これはスズバチの芸術作品で、棲家でなく産卵場所。形が徳利に似ていればトックリバチの巣、これは一応鈴に似ているからスズバチの巣と思います。秋の夜長、こんな機会に昆虫図鑑を見るのもまた楽し。
posted by N生 | 2006/09/27 8:30 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blg.pm5.jp/trackback/434987
今年は暖冬といわれているとおりほんとぬくいですね。いろいろな木や草花に芽がつき始めています。庭に落ちてた蜂の巣です。暖冬の影響か、この時期に蜂の巣です。あんまり関係ないか。
| 自給自足の家庭菜園 | 2007/02/05 12:52 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>