NEXT HORIZON・Shu Land Annexフォトギャラリーブログ・オダギ秀の眼差しとモノローグ。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
唐辛子。 06:53



ボクは、小学生の時、田舎の学校に転校した。
登下校の途中に、初めて唐辛子がなっているのを見て驚いた。真っ赤な尖った実が、叫ぶように、一斉に天を向いていた。これは何なんだろうと覗き込んだ。綺麗だった。
だが、この唐辛子は、真っ赤に熟すことも、天を衝くことも止めてしまったらしい。
恥ずかしげに僅かに赤らんでうなだれているのを見ると、いじらしくなってしまった。
| Diary | comments(2) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
Comment








おっとっとさん、
本当に氷が張ったのも見かけることが少なくなりました。昔は、霜柱ザクザクってのもありましたよね。今は、道路も、至るところ舗装されているからということもあるでしょうけど、昔の冬の道は、霜をザクザク踏んで、ということがよくあった。唐辛子も、暖冬の影響を受けているのでしょうか。
posted by 秀 | 2007/01/26 5:23 AM |
「うちの中のトンガラシ」な〜んて
祖父に、よく言われたっけ・・・
それはともかく、暖冬の影響なのか、ピリッとしない唐辛子、寒くないと赤くならないんでしょうかねぇ〜、小さいころは、庭の用水桶に5センチくらいの氷が張りましたよ、暖かいのはいいけれど、何か変だなぁ〜〜
posted by おっとっと | 2007/01/25 1:33 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>