NEXT HORIZON・Shu Land Annexフォトギャラリーブログ・オダギ秀の眼差しとモノローグ。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
山の中。 16:02




急な山道を下って、ほどなく集落にかかる木立の中に,地蔵さまがひっそりとおわした。彼岸も過ぎたからか、木々を抜ける風が心地好い。
ふと、地蔵さまの履歴を知りたくなった。いつからここにおられましたか? 辛いことはありませんでしたか?
下の沢のほとりまで下りたら、お湯を湧かして珈琲でも淹れようかと思った。
| 石仏巡礼 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
隙間。 23:53




道祖神の傍らの巨木の、狭そうな隙間に、着飾った彼女がいた。
どうしてそんなところにいるんですか?、と訊ねようかと思ったが、
人それぞれに事情や好みがあるだろうからと、止めた。
居心地が好いか悪いかは、当人が決めること。
ボクが彼女の立場で問われたとしたら、何と答えようか。
| Diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
不苦労。 23:55




街の喧噪がイヤな気分だったので、郊外へ郊外へと向かっていたら、里山の入り口でフクロウに会った。
不苦労に会えたと思うだけで、ちょっと元気が出たから、やあ、と努めて明るく声を掛けると、撮ってったらとポーズしてるようなので、じゃ一枚、パチリ。
でも、勝手に思い込んだけど、不苦労さんじゃなかったのかも。
| Diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
雨。 17:39




たしか一昨日は、日暮れてから、いきなり雷とともにドカドカっと降り出した。
昨日は、あれ? と思っていたら、チラチラっと降り出した。
ボクはシトシトって雨の中を、トボトボ歩き回るのが好きだったが、
このごろは、どんな雨にも濡れたくなくて、窓際に座って珈琲飲みながら、
ボケボケっとしてるほうがよくなった。
| 写真展「rainy」から | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
格子窓。 15:35




格子の嵌まった窓を見上げるたびに、ボクは、外から入れない、中から出られない、とばかり思っていた。
だが今日、ふと格子窓は、好きな世界を護り合う結界だと思った。
外の世界にいる者は中にいる者に邪魔されない、中にいる者は外のイヤなことに関わらなくてもいい。その境界だ。それでいいじゃないか。
そう思いながら車に戻ったボクは、息苦しくて、窓のガラスを開けた。ボクにはこだわる格子がない。
| Diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
彼岸花。 23:54




彼岸が過ぎると、この夏のような暑さは少し落ち着いたようだ。
絡み合って騒々しくしていた彼岸花も、そろそろ静かになってきた。
赤い波は、追憶のように、寄せて来るようでいて、非情に遠ざかる。
| Diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
バス停。 15:58




集落のはずれに、通わなくなったバスの停留所が、まだある。
かつて、小屋のようなバス停のベンチに、町の高校に行く女子高生や、病院通いのお年寄りや、倅の機嫌とりに行くオバちゃんなどが座った。
最近は、猪さえもここには寄り付かない。
| Diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
曼珠沙華。 17:07




枯れたり苅られたりした曼珠沙華のなかに、アゲハチョウが倒れて動かない。
雪入の郷は、もうすぐ、とっぷり秋になる。
| Diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
睨み。 23:53




山間の畑に睨みを利かせているような案山子殿がいた。
「お暑うございます」と声を掛けたが返事がないので、勝手に肖像を撮らせていただいた。
すると、ちょっと大きめの蜂がボクに寄ってきて、威嚇するようにまつわった。あんたの回し者かい?
| Diary | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
夕日。 23:54




バス停の奥の木立の中に、夕日を受けて、観音様が休むようにしておった。
どうやって衆生を救うか考え中らしいが、バスで来る悩める者を、待ちくたびれているようにも見える。
夕日を浴びる心地好さに、仕事を忘れてもいいという気になっているのかも知れない。
| 石仏巡礼 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
<< | 2/350 | >>