NEXT HORIZON・Shu Land Annexフォトギャラリーブログ・オダギ秀の眼差しとモノローグ。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
背負うもの。 23:54




何年か振りに通る道なので、キョロキョロしながら走っていると、
道沿いの木立の下に、何やら石像のようなものが見えたから、近づいてみた。
光背を重そうに支え前のめりになった地蔵さまが、半身を土に埋ずめておられた。
お仕事大変ですね、と呟いてはみたが、誰に言ったのか、自分に言われたような気がした。
| 石仏巡礼 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
風笛を聴きながら 23:57




昨年初夏、「風笛を聴きながら」と題した野仏の写真展をさせていただきました。
その時の作品アルバムをアップしましたので、よろしかったら覗いてください。
   http://30d.jp/hu4da5/8

※なお一昨年の「野仏紀行2016」は、http://30d.jp/hu4da5/6 にアップしています。
| 石仏巡礼 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
解け残り。 23:54





午後になって起床したので、曇り空の今日は、日暮れが早くなりそうな気がしたから、
ごく近所のお寺さんを、気紛れに、久しぶりに訪ねてみた。
境内を歩くと、先日の雪の解け残りが、もう一度の降雪を誘うように広がっていた。
傍らのみほとけは、それが時の流れの定めとでも語るかのごとく、ただじっと坐しておられる。
| 石仏巡礼 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
合掌女人。 23:53




街はずれの古刹に立ち寄らせていただくと、境内の隅に、ちいさな青面金剛さまが祀られていた。
左腕を見ると、親指ほどの女人(ショケラ)が、髪を掴まれて合掌しておった。上半身裸の美女だそうだが、寒そうにしておられる。
明日は雨になるそうですよ、とボクも合掌してお別れした。
| 石仏巡礼 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
かざぐるま。 23:53




夕闇迫る頃、冷たい風が吹くたびに、
地蔵さまの傍らで、かざぐるまが音もなく回る。
| 石仏巡礼 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
大根 23:55




廃道の行き止まりに道祖神碑があって、傍らに慈母観音さまがおった。膝元に立派な二股大根が供えられている。
綺麗に洗われているから、観音さまに供えようと、わざわざ洗ってきたものだろう。
優しい心根の方がいるのだなあと思いながら、腹這ってカメラを向けさせていただく。少し風が出てきた。
| 石仏巡礼 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
頑張る。 23:54




参道を行くと青面金剛さまがいて、足下に、邪鬼が踏みつかれておった。
おお、またやられてますなあ、と声を掛けてみたが、その顔を見ると、ちっともヘバっていない。
いかにも、頑張っている表情だ。
頑張っている姿を見ると、ボクも元気になるよ。
| 石仏巡礼 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
山の中。 16:02




急な山道を下って、ほどなく集落にかかる木立の中に,地蔵さまがひっそりとおわした。彼岸も過ぎたからか、木々を抜ける風が心地好い。
ふと、地蔵さまの履歴を知りたくなった。いつからここにおられましたか? 辛いことはありませんでしたか?
下の沢のほとりまで下りたら、お湯を湧かして珈琲でも淹れようかと思った。
| 石仏巡礼 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
夕日。 23:54




バス停の奥の木立の中に、夕日を受けて、観音様が休むようにしておった。
どうやって衆生を救うか考え中らしいが、バスで来る悩める者を、待ちくたびれているようにも見える。
夕日を浴びる心地好さに、仕事を忘れてもいいという気になっているのかも知れない。
| 石仏巡礼 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
セミの声。 23:55




古刹の参道の地蔵尊の傍らに、おもちゃの車など積まれていた。
覆い被さるような椎の木からは、ツクツクボウシの声。
| 石仏巡礼 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by オダギ 秀 - -
<< | 2/16 | >>